2018年版
電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
- 受動部品編 〜 コンデンサ・キャパシタ・EMCノイズ・保護デバイス - サンプル(更新中)

スマート・デバイス 〜 Electronic components

発行:2018年5月25日 ■体裁:B5/A4判 200頁  ■定価:70,000円+消費税(以下、税抜き)
印刷タイプ+CDタイプ(PDF) 定価:90,000円 CDタイプ(PDF) 定価:70,000円(Windows対応)

印刷タイプ+プレミアムCD(PDF+Excel) 定価:105,000円    プレミアムCD 定価:90,000円


※ 以下は、2017蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望の内容です。


企画案内                                                                      目次案内 
 
 現在主流のリチウムイオン電池(LiB)の数倍〜10数倍の容量を持つ「次世代蓄電池」の存在感が急速に高まっています。これまで実現は遠い将来と考えられていましたが、、技術の開発が大きく進展し始めたことに加えて、既存のLiBの安全面・技術面・価格面での限界が見えてきたからです。国内では電池メーカーや自動車メーカーなど次世代蓄電池の実用化に向けた研究開発が活発化しています。
 また、20174月からエネルギー小売自由化がスタートします。その際に蓄電デバイス(二次電池・キャパシタ)も重要な役割を担うことになります。東日本大震災による原子力発電所事故の影響で、産業界は太陽光や風力発電など再生可能エネルギーへの転換が求められています。自動車分野では、ハイブリッド車(HEV)や電気自動車(EV)といった環境自動車市場も拡大傾向にあります。
 一方、再生可能エネルギーは天候状況により、電力供給が不安定などの問題を抱えています。こうした問題を解決するためには、電気を蓄え効率的に利用することができる蓄電デバイスの必要性が高まってきます。LiBは、安全性などの向上によって、アプリケーションの拡大と連携して、今後も成長が予測されます。スマートフォン、ウエラブル機器、環境対応自動車、電力系統などへの応用が期待されています。

キーワード:次世代蓄電池、リチウムイオン電池、電気二重層キャパシタ、、小型二次電池、小型蓄電池
        環境自動車、ウエラブル端末、スマートキャパシタ、EDLC、LiC、LiB、Ni-MH、大型二次電池


                                     
目次案内                                     <トップ>

 ※ 市場動向等により、一部内容を変更する場合があります(4月15日更新)

T章 電子部品・デバイス市場の動向と展望

1. 受動部品の概要と動
(1)受動部品の概要と種類
2. 電子情報産業の市場概況と動向
(1)電子情報産業の世界生産見通し
(2)日系企業の世界生産見通し
(3)電子工業の国内生産見通し
@電子情報産業世界・国内生産推移
A電子情報産業世界/日系企業生産推移
B電子情報産業世界生産シェア
C電子情報産業日系企業生産シェア
D電子情報産業国内生産シェア
3. 日系企業グローバル出荷金額推移予測
(1)日系企業グローバル出荷金額推移
@日系企業世界出荷金額推移予測
A日系企業製品別出荷金額推移予測
B日系企業製品別構成シェア
4.電子部品・デバイス国内統計資料
(1)電子部品・デバイス生産数量・金額推移(表)
@フィルタ国内生産推移・実績
Aインダクタ国内生産推移・実績
Bバリスタ国内生産推移・実績
Cセラミックコンデンサ国内生産推移・実績
D固定抵抗器国内生産推移・実績
Eサーミスタ国内生産推移・実績
FLEDパッケージ国内生産推移・実績
GIGBT国内生産推移・実績
(2)主要電子部品・デバイス輸出入数量・金額推移(表)
@インダクタ輸出推移・実績
Aセラミックコンデンサ輸出推移・実績
B固定抵抗器輸出推移・実績
Cインダクタ輸入推移・実績
Dセラミックコンデンサ輸入推移・実績
E固定抵抗器輸入推移・実績

第U章 コンデンサ市場の動向と展望

1. コンデンサ世界市場の現状と展望
(1)コンデンサ世界市場規模と動向
(2)コンデンサ市場業界図(世界・国内)
@コンデンサ世界市場推移・予測(200720年度)
Aコンデンサ別世界市場推移・予測(数量・金額)
Bセラミックコンデンサ世界市場推移予測/シェア
C積層セラミックコンデンサ世界市場推移予測/シェア
Dアルミ電解コンデンサ世界市場推移予測/シェア
Eタンタル電解コンデンサ世界市場推移予測/シェア
Fフィルムコンデンサ世界市場推移予測/シェア
2. コンデンサ国内市場の現状と展望
(1)コンデンサ国内市場規模と動向
(2)コンデンサ市場の最新動向
@コンデンサ市場推移・予測(数量・200720年度)
Aコンデンサ市場推移・予測(金額・200720年度)
(3)コンデンサメーカー別市場動向
@コンデンサ日系メーカーシェア(数量・201617年度)
Aコンデンサ日系メーカーシェア(金額・201617年度)
(4)コンデンサ種類別市場概況と動向
(アルミ電解/積層セラミック(MLCC)/タンタル電解/導電性高分子/フィルム)
@コンデンサ構成比率(数量・201617年度)
Aコンデンサ構成比率(金額・201617年度)
3. 弊社実態調査集計資料
(1)主要メーカー別販売数量・金額一覧(表・201618年度)
@主要メーカー別販売数量推移予測(200718年度)
A主要メーカー別販売金額推移予測(200718年度)
(2)主要メーカーコンデンサ別販売数量・金額一覧(201418年度)
(3)コンデンサタイプ別弊社集計・分析結果
@セラミックコンデンサ販売数量・金額推移予測(200418年度)
・セラミックコンデンサメーカーシェア
A積層セラミックコンデンサ販売数量・金額推移予測(200418年度)
・積層セラミックコンデンサメーカーシェア
Bアルミ電解コンデンサ販売数量・金額推移予測(200418年度)
・アルミ電解コンデンサメーカーシェア
Cタンタル電解コンデンサ販売数量・金額推移予測(200418年度)
・タンタル電解コンデンサメーカーシェア
D導電性高分子電解コンデンサ販売数量・金額推移予測(200418年度)
・導電性高分子電解コンデンサメーカーシェア
Eフィルムコンデンサ販売数量・金額推移予測(200418年度).
・フィルムコンデンサメーカーシェア
F金属化有機フィルムコンデンサ販売数量・金額推移予測(200418年度)
・金属化有機フィルムコンデンサメーカーシェア
(4)コンデンサタイプ別販売数量・金額推移予測
@コンデンサタイプ別販売数量推移予測(20072018年度
Aコンデンサタイプ別販売金額推移予測(20072018年度)


第V章 キャパシタ市場の動向と展望

1.電気二重層キャパシタ(EDLC)市場の動向と実態
(1)電気二重層キャパシタの概要と種類
(2)電気二重層キャパシタの市場概況と動向(200820年度)
@電気二重層キャパシタ世界市場推移・予測(数量・金額)
A電気二重層キャパシタ世界シェア(数量)
B電気二重層キャパシタ世界シェア(金額)
C電気二重層キャパシタ国内市場推移・予測(数量・金額)
D電気二重層キャパシタ国内シェア(数量)
E電気二重層キャパシタ国内シェア(金額)
2.電気二重層キャパシタ実態調査集計資料
(1)主要国内メーカー別出荷数量・金額一覧(201620年度
(2)主要国内メーカー別出荷数量推移・予測(201020年度)
(3)主要国内メーカー別出荷金額推移・予測(201020年度)
(4)タイプ別電気二重層キャパシタ市場推移・予測(全体)(〜2020年度)
@タイプ別電気二重層キャパシタ出荷数量推移・予測
Aタイプ別電気二重層キャパシタ構成比率(数量)
Bタイプ別電気二重層キャパシタ出荷金額推移・予測
Cタイプ別電気二重層キャパシタ構成比率(金額)
(5)タイプ別電気二重層キャパシタ市場推移予測・シェア(個別)(〜20年度)
@小型積層型電気二重層キャパシタ市場推移・予測
A小型積層型電気二重層キャパシタシェア(数量)
B小型積層型電気二重層キャパシタシェア(金額)
C大型積層型電気二重層キャパシタ市場推移・予測
D大型積層型電気二重層キャパシタシェア(数量)
E大型積層型電気二重層キャパシタシェア(金額)
F小型円筒型電気二重層キャパシタ市場推移・予測
G小型円筒型電気二重層キャパシタシェア(数量)
H小型円筒型電気二重層キャパシタシェア(金額)
I大型円筒型電気二重層キャパシタ市場推移・予測
J大型円筒型電気二重層キャパシタシェア(数量)
K大型円筒型電気二重層キャパシタシェア(金額)
(6)タイプ別メーカー別出荷数量推移・予測(201020年度)
@小型積層型電気二重層キャパシタメーカー別出荷数量推移・予測
A大型積層型電気二重層キャパシタメーカー別出荷数量推移・予測
B小型円筒型電気二重層キャパシタメーカー別出荷数量推移・予測
大型円筒型電気二重層キャパシタメーカー別出荷数量推移・予測

(7)タイプ別メーカー別出荷金額推移・予測(201020年度)
@小型積層型電気二重層キャパシタメーカー別出荷金額推移・予測
A大型積層型電気二重層キャパシタメーカー別出荷金額推移・予測
B小型円筒型電気二重層キャパシタメーカー別出荷金額推移・予測
C大型円筒型電気二重層キャパシタメーカー別出荷金額推移・予測
(8)容量別電気二重層キャパシタ出荷数量・金額推移予測(201020年度)
@容量別電気二重層キャパシタ出荷数量推移・予測
A容量別電気二重層キャパシタ出荷数量構成比率
B容量別電気二重層キャパシタ出荷金額推移・予測
C容量別電気二重層キャパシタ出荷金額構成比率
(9)用途別電気二重層キャパシタ世界市場推移予測(数量・金額)(〜20年度)
@用途別電気二重層キャパシタ出荷数量推移・予測
A用途別電気二重層キャパシタ数量構成比率
B用途別電気二重層キャパシタ出荷金額推移・予測
C用途別電気二重層キャパシタ出荷金額構成比率


第W章 EMC・ノイズ対策部品市場の動向と展望

1. EMC・ノイズ対策国内市場の動向と展望
(1)EMC・ノイズ対策国内市場の動向
@EMC・ノイズ対策市場推移・予測(数量)
AEMC・ノイズ対策市場推移・予測(金額)
(2)各種ノイズの発生源と種類
(3)EMC・ノイズ対策製品の分類と動向
(4)メーカー別EMC・ノイズ対策製品一覧(表)
2. EMC・ノイズ対策世界市場の動向と展望
(1)EMC・ノイズ対策世界市場概況
(2)EMC・ノイズ対策世界市場推移予測/構成比率
@EMC・ノイズ対策世界市場推移予測(数量)
AEMC・ノイズ対策世界市場推移予測(金額)
BEMC・ノイズ対策市場製品別推移予測(数量)
CEMC・ノイズ対策市場製品別推移予測(金額)
DEMC・ノイズ対策市場構成比率(金額)
3. 弊社実態調査集計資料(20132017年度)
(1)EMC・ノイズ対策関連メーカー別市場動向
@EMC・ノイズ対策市場規模推移・予測(表)
AEMC・ノイズ対策市場メーカーシェア(グラフ)
BEMC・ノイズ対策市場メーカー別推移予測(グラフ)
CEMC・ノイズ対策市場製品シェア(グラフ)
DEMC・ノイズ対策市場製品別推移予測(グラフ)
(2)EMC・ノイズ対策関連製品別市場動向(市場概況・出荷金額・シェア)
@ノイズフィルタ
Aコイル・インダクタ
Bフェライトコア
Cチップビーズ(ビーズコア)
Dサージアブソーバ
Eバリスタ(チップバリスタ)
Fノイズ対策用コンデンサ
Gノイズ抑制(吸収)シート
Hサーミスタ
(3)製品別・メーカー別ノイズ対策市場推移予測(金額)
@ノイズフィルタ市場推移予測
Aコイル・インダクタ市場推移予測
Bフェライトコア市場推移予測
Cチップビーズ市場推移予測
Dサージアブソーバ市場推移予測
Eバリスタ市場推移予測
Fノイズ対策用コンデンサ市場推移予測
Gノイズ抑制(吸収)シート市場推移予測


第X章 電子部品・デバイスメーカーの動向と展望

(1)FDK 株式会社
(2)エルナー 株式会社
(3)株式会社 大泉製作所
(4)岡谷電機産業 株式会社
(5)釜屋電機 株式会社
(6)京セラ 株式会社
(7)KOA  株式会社
(8)株式会社 指月電機製作所
(9)株式会社 芝浦電子
(10)双信電機 株式会社
(11)太陽誘電 株式会社
(12)TDK 株式会社
(13)株式会社 トーキン
(14)ニチコン 株式会社
(15)日本ケミコン 株式会社
(16)パナソニック株式会社 AIS
(17)北陸電気工業 株式会社
(18)株式会社 MARUWA
(19)株式会社 村田製作所
(20)ルビコン 株式会社
(21)ローム 株式会社
2.電子部品・デバイス関連メーカーの動向と戦略(表)


<予約申込み> 



ホームページ