2017年版
コンデンサ市場・部材の実態と将来展望


− コンデンサ市場実態/予測・関連部材/技術・応用製品
 − 目次・サンプル(公開中)

スマート・デバイス 〜 Condenser編 お問い合わせ

発行:2016年10月21日  ■体裁:B5判 210頁  ■定価: 70,000円+消費税 (以下、税抜き)
印刷タイプ+CDタイプ(PDF) 定価:90,000円 CDタイプ(PDF) 定価:70,000円(Windows対応)

B5判+プレミアムCD(PDF+Excel) 定価:110,000円 プレミアムCD 定価:90,000円

内容案内                                                                    目次案内 
 
 コンデンサの需要が伸びています。自動車、スマートフォン、産業・エネルギーの3大市場のうち、自動車向けがADAS(先進運転支援システム)など機能強化による電装化率の高まりからコンデンサの搭載点数が増加。環境、省エネなどの視点で電気自動車(EV)やハイブリッドカー(HEV)などの普及もパワートレイン系コンデンサの市場を拡大します。スマホ向けは成長が鈍化していますが、前年比で約5%の生産台数の伸びが期待され、超小型コンデンサの生産規模が拡大しています。

 産業・エネルギー向けは中国における景気減速などを背景に設備投資の抑制から低調ですが、中長期的には高性能コンデンサの需要が増加する見通しです。JEITAのグローバル出荷統計によると、コンデンサは2013年以降、出荷額が増えています。11年の東日本大震災、タイの大洪水などの影響で、12年はマイナス成長でしたが。その後は自動車やスマホが市場をけん引。産業・エネルギー向けも市場規模を拡大してきました。

 2015年度のグローバル出荷額は前年度比2%増の9,066億円を確保。16年度も増加する見通しです。コンデンサ市場をけん引しているのは自動車分野です。ガソリン価格が安値で推移し北米で大型車などの自動車販売が好調です。また、欧州も域内での需要も上向きに転じてします。さらには本格的な自動運転に向けて、ADASなどの安全系を中心とした新しい機能が拡充。コンデンサの搭載点数を増やしています。新しいモノづくりを取り入れる動きは、新しいコンデンサ市場を形成していきます。


目次案内                                     <トップ>

序 章 コンデンサと注目市場の動向と将来


1. コンデンサ注目市場の動向と展望
(1)コンデンサの概要と用途
(2)コンデンサの種類と用途
(3)環境対応車市場の動向と将来
(4)ウェラブル機器市場の動向と将来
(5)ヘルスケア市場の動向と将来
(6)民生用ドローン市場の動向と将来



第T章 コンデンサ市場の動向と展望

1. コンデンサ世界市場の現状と展望
(1)コンデンサ世界市場規模と動向
(2)コンデンサ市場業界図(世界・国内)
@コンデンサ世界市場推移・予測(200720年度)
Aコンデンサ別世界市場推移・予測(数量・金額)
Bセラミックコンデンサ世界市場推移予測/シェア
C積層セラミックコンデンサ世界市場推移予測/シェア
Dアルミ電解コンデンサ世界市場推移予測/シェア
Eタンタル電解コンデンサ世界市場推移予測/シェア
Fフィルムコンデンサ世界市場推移予測/シェア
G電気二重層コンデンサ世界市場推移予測/シェア
2. コンデンサ国内市場の現状と展望
(1)コンデンサ国内市場規模と動向
(2)コンデンサ市場の最新動向

@コンデンサ市場推移・予測(数量・20072020年度)
Aコンデンサ市場推移・予測(金額・20072020年度)
(3)コンデンサメーカー別市場動向
@コンデンサ日系メーカーシェア(数量・201516年度)
Aコンデンサ日系メーカーシェア(金額・201516年度)
(4)コンデンサ種類別市場概況と動向
(アルミ電解/積層セラミック(MLCC)/タンタル電解/導電性高分子/フィルム/電気二重層コンデンサ(EDLC))
@コンデンサ構成比率(数量・201415年度)
Aコンデンサ構成比率(金額・201415年度)
3. 弊社実態調査集計資料
(1)主要メーカー別販売数量・金額一覧(表・201517年1度)
@主要メーカー別販売数量推移予測(200717年度)
A主要メーカー別販売金額推移予測(200717年度)
(2)主要メーカーコンデンサ別販売数量・金額一覧(〜17年度)
(3)コンデンサタイプ別弊社集計・分析結果
@セラミック販売数量・金額推移予測(200417年度)
・セラミックコンデンサメーカーシェア
A積層セラミック販売数量・金額推移予測(200416年度)
・積層セラミックコンデンサメーカーシェア
Bアルミ電解販売数量・金額推移予測(200417年度)
・アルミ電解コンデンサメーカーシェア
Cタンタル電解販売数量・金額推移予測(200417年度)
・タンタル電解コンデンサメーカーシェア
D導電性高分子販売数量・金額推移予測(200417年度)
・導電性高分子コンデンサメーカーシェア
Eフィルム販売数量・金額推移予測(200417年度)
・フィルムコンデンサメーカーシェア
F金属化有機フィルム販売数量・金額推移予測(200417年度)
・金属化有機フィルムコンデンサメーカーシェア
G電気二重層販売数量・金額推移予測(200416年度)
・電気二重層コンデンサメーカーシェア
(4)コンデンサタイプ別販売数量・金額推移予測
@コンデンサタイプ別販売数量推移予測(20072017年度)
Aコンデンサタイプ別販売金額推移予測(20072017年度)
4. コンデンサ関連国内統計資料
(1)コンデンサ国内生産量規模(表・20112015年)
(2)コンデンサ別国内生産量推移表(20112015年)
(アルミ電解/タンタル電解/セラミック/金属化有機フィルム/コンデンサタイプ別単価推移表)
(3)コンデンサ輸出・輸入量規模(表・20111年)
(4)コンデンサ別輸出・輸入量推移表(200115年)
(アルミ電解/タンタル電解/セラミック/紙&プラスチック/その他固定式/可変式/コンデンサ別輸出単価推移表/コンデンサ別輸入単価推移表

第U章 コンデンサ別の市場動向と展望

1. 積層セラミックコンデンサの動向と展望
(1)積層セラミックコンデンサの概要と動向
(2)積層セラミックコンデンサの大容量化と用途拡大
(3)サイズ別世界市場推移予測(〜20年度)/シェア推移
(4)途別市場推移予測/構成比率推移(2008〜20年度)
(5)様々なMLCCのニーズに対応した新製品
(6)車載用高信頼性積層MLCCの技術動向
(7)撥水加工積層セラミックコンデンサ
2. 電解コンデンサの動向と展望
(1)電解コンデンサの概要と動向類
(2)電解コンデンサタイプ別世界市場予測/シェア(〜20年度)
(3)電解コンデンサ用途別市場予測/構成比率推移(〜20年度)
(4)導電性高分子デンサタイプ市場推移予測/シェア
(5)自動車電装用チップアルミ電解コンデンサの技術動向
(6)導電性高分子ハイブリッドアルミ電解コンデンサの技術動向
(7)インバータ用アルミ電解コンデンサの技術動向
3. 電気二重層コンデンサの動向と展望
(1)電気二重層コンデンサの概要と動向
(2)電気二重層コンデンサの技術動向
(3)電気二重層タイプ別世界市場推移予測/シェア(〜20年度)
(4)電気二重層用途別市場推移予測/構成比率推移(〜20年度)
4. タンタルコンデンサの動向と展望
(1)タンタルコンデンサの概要と動向
(2)タンタル用途別市場推移予測/構成比率推移(〜20年度)
6. フィルムコンデンサの動向と展望
(1)フィルムコンデンサの概要と動向
(2)フィルム用途別世界市場予測/構成比率推移(〜20年度)

第V章 コンデンサ関連市場の動向と展望


1. コンデンサ関連市場概況と展望
(1)コンデンサ関連市場の最新動向
(2)コンデンサ関連世界市場予測/構成比率推移(〜17年度)
(3)関連市場別コンデンサ市場予測/構成比率推移(〜17年度)
2. コンデンサ関連市場の動向と展望
調査内容:製品市場動向、製品シェア、製品・生産動向 等
(1)スマートフォン市場の動向と展望
・スマートフォン世界・国内市場推移予測/シェア
(2)携帯電話市場の動向と展望
・携帯電話世界・国内市場推移予測/シェア
(3)タブレット型端末市場の動向と展望
・タブレット型端末世界・国内市場推移予測/シェア
(4)ノートブック市場の動向と展望
・ノートブック世界・国内市場推移予測/シェア
(5)パソコン市場の動向と展望
・パソコン世界・国内市場推移予測/シェア
(6)デジタルカメラ市場の動向と展望
・デジタルカメラ世界・国内市場推移予測/シェア
(7)大型テレビ市場の動向と展望
・薄型テレビ世界・国内市場推移予測/シェア
(8)自動車(四輪車)市場の動向と展望
・次世代自動車世界・国内市場推移予測
(9)カーナビゲーション市場の動向と展望
・カーナビゲーション世界・国内市場推移予測/シェア
(10)太陽光発電用パワーコンディショナーの動向と展望
・住宅用太陽光発電導入件数推移/シェア
(11)LED照明市場の動向と展望
LED照明世界・国内市場推移予測/シェア


第W章 コンデンサ関連部材市場の動向と展望


1. コンデンサ部材の概要と動向
(アルミ電解/積層セラミック/タンタル電解/フィルム/電気二重層 各コンデンサ)
2.
セラミックコンデンサ関連部材の動向と展望
(1)酸化チタン(TiO2)の市場概況と動向
@酸化チタン国内市場の動向と展望
A酸化チタン世界市場の動向と展望
(2)酸化チタンメーカー別生産能力(表)
@コンデンサ用酸化チタン国内出荷量推移予測(〜15年度)
A酸化チタン出荷量世界/国内メーカーシェア(2014年度)
Bチタン酸バリウム国内メーカーシェア(2014年度)
(3)炭酸バリウム(BaCO3)の市場概況と動向
@コンデンサ用炭酸バリウム国内出荷量推移予測(〜15年度)
A炭酸バリウム国内生産量・輸入量推移表(200315度)
3. アルミ電解コンデンサ関連部材の動向と展望
(1)アルミ箔(Al)の市場概況と動向
@コンデンサ用アルミ箔国内出荷量推移予測(200115年度)
Aコンデンサ用アルミ箔メーカーシェア(2014年度)
Bコンデンサ用アルミ箔メーカー出荷金額予測(〜15年度)
4. タンタルコンデンサ関連部材の動向と展望
(1)タンタル(Ta)の市場概況と動向
@コンデンサ用タンタル国内出荷量推移予測(200115年)
Aコンデンサ用タンタル国内需給量推移表(200315年)
4.電気二重層コンデンサ関連部材の動向と展望
(1)電気二重層コンデンサ部材の市場概況(200720年度)
@電気二重層コンデンサ電極材世界市場推移予測/シェア
A電気二重層コンデンサ電解液世界市場推移予測/シェア
B電気二重層コンデンサセパレータ世界市場予測/シェア
5. 有力材料メーカー・研究機関の動向(表)


第X章 コンデンサメーカーの動向と展望

1. 国内コンデンサメーカーの動向と展望(201419年度)
(1)NECトーキン 株式会社
(2)エルナー 株式会社
(3)岡谷電機産業 株式会社
(4)京セラ 株式会社
(5)サン電子工業 株式会社
(6)株式会社 指月電機製作所
(7)神栄キャパシタ 株式会社
(8)双信電機 株式会社
(9)株式会社 タイツウ
(10)太陽誘電 株式会社
(11)TDK 株式会社
(12)ニチコン 株式会社
(13)日通工エレクトロニクス 株式会社
(14)日本ケミコン 株式会社
(15)パナソニック 株式会社
(16)日立化成 株式会社
(17)松尾電機 株式会社
(18)株式会社 MARUWA
(19)株式会社 村田製作所
(20)ルビコン 株式会社
(21)ローム 株式会社
2. 海外コンデンサメーカーの動向と展望
(1)AVX Corporation(米国)
(2)Vishay Intertechnology,Inc.(米国)
(3)SAMSUNG ELECTRO-MECHANICS CO.,LTD.(韓国)


<申込み>
                                     



ホームページ